識字・日本語連絡会

私たちの教室は、教室に集う人たちだけでなく、さまざまな人びと、組織・団体の支えによって運営されています。その組織・団体のひとつである識字・日本語連絡会について紹介します(以下、連絡会HPより)。

 

識字・日本語連絡会について

●1989年

8月26日に「国際識字年推進大阪連絡会」を結成

●1990年
「国際識字年」、1991年〜2000年の「国際識字の10年」を推進するために、大阪府・大阪市と協力しながら、交流会の開催、地域連絡会の結成支援などの活動を行う。

●1993年
大阪府、および大阪市に対して「大阪識字10カ年計画の策定についての要望証」を提出。

●2002年

これまでの取り組みの成果を社会に定着させ、さらに発展させていくために、識字・日本語連絡会に改称。現在まで大阪府内の教室をつなぐ「よみかきこうりゅうかい」を中心となって開催するなど諸活動に取り組む。

●2012年

大阪市改革プロジェクトチームが打ち出した「施策・事業見直し(案)」に反対する署名活動。

「『国連識字の10年』最終年の集い」を夜間中学校、識字・日本語教室にかかわるみなさんと開催。

そこで出された声を代表がユネスコ本部(パリ)へ届ける。

●2014年
『第1回 識字・日本語学習研究集会』の企画・運営を主催である大阪教育大学と協働により実施。

●2015年
東大阪市教育委員会に対し「太平寺夜間学級の存続を求める要望書」を提出。 おおさか識字・日本語センター、識字・日本語連絡会の事務局運営ボランティアチームを発足。 ボランティアによる運営体制を固める。
●2016年 ~2017年
総会・幹事会を計画的に実施するとともに、「よみかききょうりゅうかい」「識字・日本語学習研究集会」の企画運営に参画。基礎教育保障学会第2回研究大会の企画・運営に参画。

 

【識字・日本語連絡会の使命】

  • ことばをまなびたい人がまなびたいときにまなべるよう環境づくりをめざします
  • 教室、市民団体、大学・研究機関や地方自治体などのネットワークをすすめます
  • 海外における識字・第二言語学習の研究機関や実施団体との協力・連携をはかります
  • 識字・日本語センターの運営に参画し、識字・日本語学習への支援をすすめます
  • 識字と日本語をめぐって広くしみんに問題をうったえ、啓発をすすめます
  • 日本政府や地方自治体に取り組みを求めて、政策提言や養成行動を行います
  • 識字・日本語学習の基盤を整備する法律の制定をめざします

 

【現在の主な活動】

  1. 識字・日本語を推進するためのネットワークの充実:2カ月に1度、幹事会を開催
  2. 政府・自治体への政策(法・計画)と施策の充実の要求「識字・日本語学習推進法(仮称)」づくりなど
  3. 識字・日本語センターの運営への参画

 

【参加団体】

各地の教室・連絡会、大阪市教職員組合、大阪府教職員組合、自治労大阪、部落解放同盟大阪府連合会、他

 

 

 

【事務局】

 識字・日本語センター