日之出よみかき教室のうた


日之出の中を 流れる川に

しののめ橋や 池田橋 正徳橋の 橋の上

えん台出して 村のくらしや 仕事ばなしの みなのしゅう

エーサオー 花がさく


大八車の 青物行商

朝のはよから ぶりうちよ 日々の暮らしに おわれつつ

親の仕事 手伝わされて 学校行けない 日が続く

エーサオー 買うてよな


泣いてくれるな 長泣きするな

小さな背中に ややこ負い ねんねこすがたで かくれんぼ

石けり おはじき お手玉と ややこ下ろして 遊んだら

エーサオー しかられた

何をいまさら 「よみかき」なんて

自分もまわりも 思ってた 一字一字に 心こめ

今じゃ名前も ところも書ける 識字で出会った 仲間たち

エーサオー 力わく

日之出よみかき かかさず通い

心ゆるせる 仲間たち 悩み 喜び 語り合う

書いて 覚えて すぐに忘れて えんぴつ片手に くり返す

エーサオー がんばろう